2011年05月23日

上高地行ってきました。

 もう先週の話になりますがこの出不精者が何をとち狂ったか5月の14、15日に旅行に行ってきました。
 目的地は上高地、何かのイベントのついでだとかそう言うんではなく、もうホント純粋に旅行です。
 それも1泊2日の温泉旅行です。
 僕を知る人は「お前心に深い傷でも負ったのか」と傷心を心配するところでしょう、してください。
 もちろんそんなことは無くただ誘われたからホイホイ付いて行っただけなんですけどね。
 
 それでも普段ならお断りするほどに出不精な僕ではあるのですが今回の目的地は上高地、お泊まりは温泉旅館ときた。
 上高地とは? と、周辺に問うてみたところ皆口を揃えて讃えまくりな観光名所な亜高山です。
 出不精ではありますが僕は山ん中を歩き回るのは大好きです、田舎者ですから。
 そして温泉旅館です。
 ……実は僕は温泉旅館とやらを利用した事がありません。
 ってかそれ以前に温泉にまっっったく興味も魅力も感じないのです。
 ですのでこれは良い機会、温泉を味わってみればその良さが分かるかも知らん。
 
 ってことで行ってきました、上高地&白骨温泉!
 出発は13日深夜0時、真夜中です。
 ツレは2人、言い出しっぺの山好きT氏と旅行好きなN氏。
 僕を合わせて3人のおっさんです。
 ちなみに旅館の食堂で食事中T氏が気付いたんですが僕ら以外みんなカップルだったそうです。
 どうせミンナ後ろ暗い不倫カップルだってことにしましたチクショウ。
 
 待ち合わせの駅からT氏の運転する車で4時間。
 ところで僕のツレってことでどーせ皆さんはオタな3人組と脳内で決定していることでしょうが、チガイマスヨ?
 T氏はガーデニングとクラッシクが趣味、H氏は鉄道と旅行、僕はマンガと自転車。
 最近はH氏がこちら寄り気味なのが人として少々心配ですが、とりあえずミンナ趣味がバラバラです。
 何故長いこと友人やっていられるのが不思議。
 
 トンネルを何本も抜けてまだ薄暗い内にひとまずの目的地、沢渡第2駐車場(だっけか)に到着。
 IMG_1125.jpg
 シーズンが盛りになるとこの駐車場は完全に埋まって車があぶれるのだそうな。
 IMG_1129.jpg
 ここから目的地の上高地観光センターへはバスかタクシーでないと通行できません。
 片道費用はバス1200円、タクシー4000円。
 4人ならタクシーの方がお得なわけですが僕らは3人、でしたがたまたま1人で来てた方が声を掛けてくれたので4人でタクシーと相成りました。
 
 20〜30分ほどで観光センターに到着。
 日がまだ昇ったばかりの早朝ですから土産物屋などは全く開いてません。
 ここからはひたすら歩き回って野山を散策です。
 ええ、歩きましょう、歩き回りましょう、即行きましょう。
 ってか動かないと寒くてしょうがねーよ!
 
 気温は初春ほど、天気は曇り時々晴れ、と分かっていたのでそれなりの格好ではあったのですが、
 この日は一日中ずっと強風でした、体感温度的には冬。
 その内気温は上がるさ、と考えていたのですが風のせいで結局一日中寒かったです。
 
 では以降は写真の羅列です。
 僕のはキヤノンのIXY810IS、コンパクトデジカメですね。
 ツレ二人は一眼レフでやがります、ちくしょう。
 
 朝日に照らされる山々。
 IMG_1133.jpg IMG_1139.jpg IMG_1134.jpg IMG_1144.jpg IMG_1174.jpg IMG_1141.jpg IMG_1168.jpg
 新緑や紅葉といったシーズンではありませんが十分見応えのある風景です。
 IMG_1212.jpg IMG_1250.jpg IMG_1245.jpg

 歩行困難な道は無いのですが水たまりやぬかるみはあります。
 スニーカーだと下手すると泣きをみる、ってかH氏が泣きをみました。
 IMG_1224.jpg IMG_1220.jpg IMG_1183.jpg IMG_1248.jpg

 写真で見ると好天の様ですがこの雲はスゲー早さで流れてるのさ。
 IMG_1237.jpg IMG_1233.jpg IMG_1313.jpg

 登山道の入り口でもあるのでガチ装備の方々もいっぱい。
 春スキー目当ての方が多い模様。
IMG_1251.jpg
 
 もんきぃ。
 明神橋を越えた辺りから当たり前に居る、人を襲ったりはしないのでご安心。
 IMG_1238.jpg IMG_1266.jpg IMG_1275.jpg

 湿地帯はこんな通路、T氏曰く「尾瀬もこんな」だそうで行ってみたくなる。
 ……尾瀬は東電の直轄地なんでこれからどうなるかね。
 IMG_1304.jpg IMG_1159.jpg IMG_1254.jpg IMG_1290.jpg

 頃合いになったので上高地を後にして宿へ。
 山を登って下って奥へ奥へと行ったところが本日の宿、白骨温泉は湯川荘です。
 ……サイト見りゃ分かりますが運転技術に自信の無い人は避けた方がいい宿です(笑)。
 
 冒頭で述べた通り、僕は温泉の良さが分からない(知らない)ので4、5回入ってみました。
 その結果は「うん、分かんねぇ」でした、多分僕には旅情ってもんが無いのでしょう。
 でも浴衣で表をぶらつける様な温泉街ってのは非日常っぽさが新鮮で面白かったですね。
 
 宿でのもう一つのお楽しみの食事ですが、これはもう大満足。
 すげぇ美味かったです。
 朝食なんざご飯4、5杯お代わりしましたよ、我ながらどうかと思います。
 
 宿では喰って風呂って呑んで風呂って気絶するように寝て過ごしました。
 そして目覚めて見上げる空はチョー快晴、風もほぼ無風。
 絶好の行楽日和ってヤツです。
 この日は松本辺りを散策予定だったのですがこのまま上高地を去って良いものだろうか、否っ!
 
 ってことで2日連続で上高地。
 昨日と同じルートで観光センターへ。
 そして見上げると昨日は雲がかかってて見えなかった山々がくっきりと!
 IMG_1317.jpg IMG_1319.jpg IMG_1331.jpg IMG_1335.jpg IMG_1338.jpg IMG_1347.jpg IMG_1348.jpg
 昨日とは違う短めの散策ルートにしました(河童橋発、大正池着)。
 IMG_1328.jpg
 大陽に虹がかかってました、ちょっと珍しい(平野部でも確認されたそうな)。
 
 ちなみにカメラのバッテリーは一日目の途中で切れました(充電器無し)。
 2日目に少し回復したのですが(気温の影響?)間もなく完全エンプティ。
 なので宿での写真やこれ以降の写真はありません。

 2、3時間を上高地で過ごしてから移動。
 安曇野市にある大王わさび農場へ寄りました。
 1時間もあればぐるりと見て回れそうな立ち寄り観光的なとこ。
 好天もあってかご家族連れでとても賑わってました。
 わさび園はそれだけで絵になる綺麗な畑ですね。
 写真撮れなかったのがホント悔やまれる。
 
 わさび園を発ってからはもう一直線に帰るだけです。
 その数時間、後部座席の僕はあらかた寝てしまってました。
 僕の出不精は車や電車にとにかく酔いやすいから、ってのが大きな理由にあるんですが今回は全く問題無く過ごせたのが何よりも良かったです。
 うん、よい旅でした。
 たまには思い切って遠出するのも良いですね。
 T/N氏「じゃ次は沖縄か台湾あたり」
 断固としてノーサンキュー。
 
posted by KURO at 19:29 | TrackBack(0) | 外出記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

日記が止まってますが。

 またストーンと日記が止まってますが私は元気です。
 んーまーそのー。
 
 PSP、買っちゃいまして。
 案の定見事にタクティクスオウガ三昧でして。
 現在2周目ラストステージです。
 回り道しまくってるのでごっつい時間掛かってます。
 なのにまだNルートが残っているという。
 死者の迷宮もまだまだ全っ然だという。
 ハハハ、飛んだ時間泥棒さんだ。
 
 ……うん、とりあえず2周目終わったらオウガは暫く封印しようと思ってます。
 積んであるノベルゲーも消化せにゃならんしな!
 
 ところで今期アニメのベストOP曲は電波女と青春男の「Os-宇宙人」だと思うんですよ、マジかっこいいちょークール。
 とか言ったら周辺の人たちの僕を見る目が気の毒な眼差しになりました、うん今までもそうだったね変わらないね。
 今期は当たりアニメが多くて嬉しい悲鳴です。
 中でもノイタミタ枠の「C」が僕は好きなんですがオタ周辺ではあまり話題になってないっぽいのが残念。
 キャラデザの方はライトノベル「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」でイラストを描いてるので絵柄が気に入った方は読んでイタい思いをするといい、お勧めだヨ。
 
 ってアマゾンリンクをコピーするついでに「魔法少女まどか☆マギカ」のブルーレイ 1巻のレビューも見てみた。
 ……☆1つ評価のレビュー全てにコメント(つっこみ)があるってのが笑い所か?
 いやいやいやいやいやそうではない、そうではないね。
 1〜6巻全ての☆1つ評価レビューにコメントがもれなく付いているってのが笑い所ですね、こりゃ。
 アニメ・マンガ作品にレビュー(ですらない感想文やポエム)を書く前に一度オナホ等のアダルトグッズに書き込んでいる紳士たちのレビューを読んで己の客観性の程度を認識しなおして欲しいところです、いやマジでマジデ。
posted by KURO at 18:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする