2015年03月03日

ホイール買いました。

 自転車がパンクしたので、ホイールを買いました。
 そんなワケで自転車話でございます、タイヤとホイールの違いの分からない方々にはドウデモイイお話ダヨ。
 
 実は去年の暮れ、コミケの直前辺りにブレーキを交換したんですよ。
 8年ほど前に完成車で買った入門グレードのチャリ、そのブレーキをようやく念願のシマノ105に交換したんですよ。
 念願の!
 
 はい、今鼻で笑った初心を忘れた貴様らには痔になる呪いをかけておく。
 
 んで組付けはチャリ屋さんに丸投げしたんですがその際車体の簡単なチェックをしてもらうじゃないですか。
 手の施しようのない患者を見るような目をされるじゃないですか……。
 そりゃまー8年間メンテらしいメンテもしてませんからねー(しかも屋外保管)。
 
 で、この時に先ずは、ってノリでホイールのメンテも頼んだのですが要約すると「このホイールをメンテしても多分無駄だから、悪いこと言わんから有名ドコロの安いのを買ったほうがいいよ」といった事を懇切丁寧に説明されましてね。
 でもホイールってアホみたいな値段するじゃないで「前後合わせて1万円台のでも現状よりずっといいよ?」マジでーっ?!
 
 ってことでそれからアマゾンとにらめっこですよ。
 実はホイールは縁が無いと思ってちゃんと探した事は無かったんですが安いものは前後セットで1万円以下ってのも有るんですねぇ。
 取り敢えずコスパ重視割引率重視でシマノの2万円前後を探したんですが、これがまた意外と種類が有りまして迷いまくり。
 そして物欲も刺激されまくり。
(ちなみにシマノ、ってのは一般的には釣具で有名なあのシマノです。
 世界でもトップクラスの自転車パーツメーカーなんですわ)

 
 んで、迷いに迷ってコレにしました。
 シマノ WH-RS21-FRS T 前後セット ブラック
 決め手は割引率。コスパって素敵な響きですよね。
 このホイールにチューブやらタイヤやらも新調することにしてそして何故かサドルや他小物なんかも買うことにして、〆て約2万5千円。

 これらをカートに放り込み、2ヶ月放置……。

 イヤだって2万円だよ2万円。
 2万円あったら定価のエロゲが2本も買えるんだよ?
 ……高ぇなぁおいエロゲ!
 
 実際のところは1月中は月の頭に罹った風邪が長引いてず〜〜〜っとゲヘゴホグズグジュってまして。
 2月は雪や凍結やらでモチベだだ下がりってまして。
 何よりも「必要のないもの」に万を超える投資すんのはな〜、なんて生来の貧乏性が、ねぇ?
 
 そんなタイミングでパンクしたわけです。
 そりゃもう「我、天啓を得たり」ってことにして勢いでポチりましたよ、やっと。
 
 注文したものは全部4日以内には届きました、幸い初期不良なんかも無いっぽい。
 で、せめて工賃を浮かそうとタイヤ嵌めるくらいはするじゃないですか。
 後輪は上手くいったんですよ。
 前輪もやるですよ、チューブを詰め損ねるじゃないですか、プシュー言いました、プシュー。
 もう全力でやる気無くして後は何もかもチャリ屋さんに丸投げました、プシュー。
 
 そんでホイール新調完了しました!
 これでもう当分は掃除以外なんも投資しねぇぞ!
 よっしゃじゃあ先ずは江戸川にでも行って2万円のホイールの実力とやらを見せてもらおうじゃ無いか!
 
 雨。
 
 風。

 なんかまだロクに走れてません。
 なのにサイクルコンピュータ(安物)が壊れたっぽ。
 そうか、次の投資先はサイコン、お前か。

(ちなみに、チャリ界では対費用効果を最も分かりやすく得られるのがホイールだと言われてます。
 まだ近所を20km程度しか走れてませんが、それを実感できました。
 比較対象がガタの来てた完成車付属のホイールってのがなんですが、すっっっげぇ軽くなりました。
 軽いっつーか転がるっつーか、もうチョー気持ちいい
(ブレーキもそうでしたが「もっと早く交換すりゃ良かったよ!」と)

(それでもこのクラスのホイールは「鉄下駄」と言われるほど「重い」ホイールなんですよ)
(お高いホイールとはどれほどのモノなのか)
(ホイールが「沼」と呼ばれるのが良く分かりましたわ)
posted by KURO at 05:41 | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414953352

この記事へのトラックバック